肥満は病院に行って治療を受けよう~ダイエット外来を受診する~

医者と看護師

多様な対応が必要です

4人の医者

骨粗鬆症は二次症状に気をつけなければならない病気の為、治療に加え二次症状を起こらない生活環境を整える必要があります。また骨粗鬆症には薬の投与に加え、食事や運動療法も総合的に行ないますので早く回復に向けることができます。

More…

地域に密着した医療機関

マスクをした女性

人口が多い平野区には多数の病院があり、救急医療や各種検診への取り組みにも積極的です。今後は高齢化が更に進む為、在宅医療へのニーズも高まるでしょう。そして治療と同時に、生活の質を高めるためのサポートが今後の大きな課題です。

More…

ストレスが影響する病気

医者

日常では目を使う必要があります。また、目は疲れを受けやすくめまいなどが起こったりします。そんな目のめまいからくる症状としてあるのがメニエール病などがあります。この度合いは個人差があり、原因もあらわになっているのです。

More…

脊柱管が狭窄する病気

メジャーとお腹

概要と症状

脊柱管狭窄症は、何らかの理由で脊柱管が狭まった事によっておこる各種症状の事です。脊柱管の中には神経が入っており、それが圧迫される事で神経障害が出ます。主な症状は腰の痛みや違和感、下半身の痺れなどがあります。脊柱管狭窄症の原因は幾つかあり、そもそも脊柱管が狭い人もいます。発症者の何割かは先天性によるものです。しかし、脊柱管狭窄症の大半は老化が原因であると言われています。個人差はありますが、年をとればとるほど脊柱管は狭くなっていきます。ある程度の脊柱管狭窄症は一種の老化とも言えるでしょう。それ以外の要素では、若い時に激しい運動や長期に渡る肉体労働に従事した人ほど発症リスクが高くなる傾向がみられます。

治療と回復

脊柱管狭窄症は重度な症状を除いて保存治療を行う場合が殆どです。そのため、日常生活の負担にならない範囲での持続的なリハビリが必要となります。保存治療にも種類があり、薬物治療や神経ブロックへの注射、コルセットによる固定治療などがあります。物理的な治療では低周波を利用したリハビリやマイクロ波による治療、また牽引治療と呼ばれるリハビリ運動があります。この他にはマッサージやストレッチがあります。脊柱管狭窄症への治療には運動療法が推奨されます。無理をしない事は大前提ですが、脊柱管狭窄症によって運動する機会が減り、身体全体が弱ってしまう事が懸念されるからです。ストレッチなどのリハビリ行為が治療方法に選ばれているのもそのためです。

病院では脊柱管狭窄症の治療以外にも肥満を改善する分野もあります。肥満は成人病などの病気になるリスクを高めるので、早めに改善する必要があります。肥満の治療が出来る病院ではダイエット外来を設けています。ダイエット外来は保険が適用されるところもありますから、手遅れになる前に受診しましょう。